歯科医総合ランキングTOP20

インプラント歯科の選び方

専門医、認定医かどうか

インプラント治療は高度な技術と専門的な知識と設備が必要になります。現在では数多くの歯科医院でインプラント治療を行うようになってきましたが、実際には経験や技術、設備など、大きな違いがあります。経験豊富な専門医・認定医による診療部門を設け、安全で確実なインプラント治療を行っている医院を選択することもポイントとなります。

チーム・アプローチができているか

一般の歯科治療とは違い、インプラントの治療には、徹底した滅菌や準備、優秀なアシスタント、歯科衛生士によるクリーニング、被せる歯を作成できる精密で上手な歯科技工士との連携によるチーム・アプローチが必要となります。

カウンセリングが充実しているか

インプラントは治療前の検査やカウンセリングが非常に大切です。しかし、治療内容が専門的になるため、短期間では理解できないのが現実です。質問に対して自分に合った答え方をしてくれる歯科医を選びましょう。
カウンセリングについては、インフォームドコンセント(正しい情報を得た<伝えられた>上での合意)やセカンド・オピニオン(当事者以外の、専門的な知識を持った第三者に、求めた「意見」の事)などが重要視されます。

院内の衛生管理は適切か

インプラント治療は、生体に生体外物質を移植する手術を伴います。植立するインプラントはもとより、手術器具等の滅菌レベルは、最高レベルを維持しなければなりません。無菌室に近い環境体制になるよう心掛けているかどうかも医院を選択する一つです。

入れ歯も扱っているかどうか

入れ歯の種類も豊富にあり、患者様の状況によって使い分けて選択できます。歯がなくなった後の治療法の選択として、インプラント同様に充分に検討できる治療法です。なぜなら近年、入れ歯もインプラントと同様に研究されており、オーダーメイドの入れ歯や留め金(バネ)を使わないものなど従来の不快感がかなり軽減されたものもあるのです。

基礎検査は精密か

インプラント(人工歯根)治療を適切に行なうためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
あごの骨の断面画像を撮影するためにはCT検査を行うのですが、従来の医科用CTでは、微細な歯や顎の構造を調べるには画像が不鮮明、歯科用金属(冠など)でのX線の反射により画像が大きく乱れる、などといったインプラント治療など歯科領域で利用する上での大きな欠点がいくつかありました。 そこで、最近では、歯科でコーンビーム式のCTが導入され普及してきています。歯や顎の骨の微細な構造を知ることができ、画像が大きく乱れることも無く、インプラントに必要な正確な診断が可能です。
その為、インプラント治療を行う際に、歯科用CTがある医院を選択するのも、医院選びのポイントの一つになってきます。

インプラントに保証があるか

患者が安心してインプラント治療を行う事ができ、インプラントを長持ちさせ快適な食生活や口腔内の環境を維持できる為にも、インプラントの保証がある医院を選択するのもポイントです。保証の内容は、各医院によって違うことが多いですが、保証期間は、10年間の保証を設置している医院が最近では多くなってきています。