歯科医総合ランキングTOP20

実は多いインプラントの種類

無切開インプラント

通常のインプラントが切開施術を必要とするのに対して、無切開インプラントは、組織いいを切開・剥離せず、そのままインプラントを埋め込むことが可能です。切開しないため、縫合や抜糸といった処置も必要もなく、従来の施術にあるような痛みや腫れがほとんどなく、治療時間が短いのが特長です。

即日インプラント

学術的には即時荷重法とも言われ、従来のインプラントの治療法ではインプラント手術を行った後、3~6ヶ月の治療期間に骨とインプラント体が結合するまで待つ必要があるため、患者様の身体的・精神的負担も大きいものでした。
ここ数年、インプラント発祥のスウェーデンを初め、各国で出来るだけ早く、患者が快適に噛めるような新しい手術方法が開発され、インプラント治療の早さが進歩しました。即日インプラントならば、検査を終えた当日にインプラント埋入から白い仮歯の装着までを行えるため、施術を行った日から審美的かつ機能的な歯を得られます。また、2次オペの必要がなく、通院の回数も少なくなります 手術後、わずかな時間で歯が入り、食事が出来るメリットもあります。

All-On-4(オールオンフォー)

すべての歯を失ってしまった方に、4本のインプラント埋入する治療法です。インプラントによって仮の歯がしっかり固定されるため、形状は入れ歯に似ていますが、総入れ歯とは違って外れる心配もなく、天然の歯と変わらない機能を取り戻すことができます。インプラントを埋め込む手術をした後、わずかな時間で歯が入り、食事が出来ます。

骨に埋め込む量を軽減するインプラント

苦痛なくより安心して手術を受けることができ骨を削る時の不快な音や振動を与えることがなく通常のインプラント比べて埋入時のリスクを軽減できます。特殊な器具を使って糸のような穴をすこしずつ拡げてインプラントを埋める穴を作ります。骨には弾性力があり、少しずつ穴を拡げることができます。傷口も最小で術後の治りも早く、骨を少しずつ拡げることにより、骨密度も上がりますので骨粗しょう症のような骨密度が低い方にも有利になりました。 ドリルをほとんど使用しないで、骨幅を押し広げる術後の腫れや痛みが非常に少ないと言われています。