院長あいさつ 清原歯科医院(茨城) 院長: 清原秀樹

清原歯科医院(茨城)

  •   お問い合わせ下さい。

清原歯科医院では患者さんの全身を含めた健康管理のお手伝いを目指しています。

まず、皆さん歯科といえば「痛い」、「怖い」というイメージが強いと思いますが、
これは先ず、治療する側が患者さんの話を良く聞き、状態を丹念に調べて、正確に診断し、状況に適した処置を施したり、それを前もってきちんと説明し患者さんに伝えて、納得していただく事でかなり軽減されるものと考えております。

治療椅子に座ったとたん「ハイ、口あけて。」では患者さんと治療側のコミュニケーションは出来るわけがありません。
当院では問診表で色々下調べを行い、診療室では時間をかけて話や希望をお聞きして、全身状態や飲んでいるお薬やアレルギーの事などもなるべく把握して安全に、そしてなるべく安心して治療に入って行けるように心がけております。

「思いやりのない医療は医療にあらず。」
と言うのが私の基本理念です。

また、小さい子供さんの治療を積極的に行っておりますが、やはり大人同様に、予め保護者の方と十分お話をし、子供さんの状況を良く把握して頂いた上でゆっくりと治療に入って行きます。食生活や間食、指しゃぶり等の習癖に関しても「ゆっくりと」指導をしています。何でも性急に「指導」と称して押し付けるのは逆効果と考えております。

しかし医学的理由から治療が必要なのにもかかわらず、「泣く、暴れる」と言うだけで治療が出来なかったり、先送りしてしまう事は良くないと考えます。どんなに暴れる子供でも根気良く続ければ必ず出来るようになる場合が多いですし、また暴れられても治療は十分に行えると言う自負と実績は持っております。

0037-6030-17181

お客様にご負担をかけない安心の通話無料!
携帯電話・PHSからでもお使いいただけます

医院案内

医院内
待合室
医院内
受付
医院内
診療室
【待合室】
陽ざしが良く入る待合室は落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした時間を過ごせます。
また、お子様の遊具や本、備え付けのパソコンも置いてあり、マッサージチェアも用意してあります。

【受付】
受付に診察前に診察券をお渡し下さい。
次回のご予約などもこちらで承ります。

【診療室】
通常診察室では患者様の正面一面が窓になっており、開放的な雰囲気で治療を受けることができます。
ピンクを基調とした内装で、リラックスできるよう心がけています。

インプラント症例

インプラント治療の流れ

症例

【診断・準備】
診察、レントゲン撮影、全身の既往歴、骨の量などのチェックを行い治療計画を立てます。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。

【一次手術】
インプラントを埋める部分の歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。

【治療期間】
インプラントが骨の中でしっかり接合されるまでの治癒期間を設けます。治癒期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活に支障はありません。

【二次手術】
小手術によりインプラントのヘッド部を露出させ人工の歯が接続できるようにします。

【人工歯作製・装着】
口の中の型を採り、インプラントに接続される人工の歯を作製します。
インプラントに人工の歯を装着します。

歯科医院 概要

医院名 清原歯科医院(茨城)
院長 清原秀樹
所在地 〒300-0505
茨城県稲敷市村田129-1
受付時間 【診療時間】
月・火・水・木・金・土
(午前)08:30-12:00
(午後)15:00-19:00

※水曜日・土曜日の午後診療は14:00-18:00です

【休診日】
日曜
お問い合わせ先 0037-6030-17181【通話無料】

無料メール相談・ご予約はこちらから