院長あいさつ インプラントセンター21/三好デンタルクリニック(東京) 院長: 三好 敬三

インプラントセンター21/三好デンタルクリニック(東京)

  •   ■1986年 
    昭和大学歯学部を卒業
    ■1999年 
    世田谷区玉川にインプラント治療専門クリニック・
    インプラントセンター21を開業
    ■2003年 
    世田谷区玉川に三好デンタルクリニックを開業

    ◇昭和大学歯学部顎口腔疾患制御
     外科学教室兼任講師
    ◇日本口腔インプラント学会専門医 
    ◇OJ常任理事
    ◇デンタルコンセプト21会長 
    ◇EAOアクティブメンバー 
    ◇ノーベルバイオケア・インストラクター

患者さんや歯科医師からのご紹介を中心としたインプラント治療専門クリニック。CT・専用オペ室完備!

すべての患者さんに対して「自分や自分の家族にしてあげたいと思える治療を行う」という診療コンセプトでインプラント治療に取り組んでいます。

「インプラントセンター21」は、インプラント治療をより安全・確実に行うための専門的なクリニックとして1999年に開業しました。

インプラントセンターでは、インプラント治療を行う上で最低条件である「衛生管理」を徹底するための「専用オペ室(クリーンルーム)」や確実な医療器具の滅菌を実現するための「高圧蒸気滅菌器」導入して、感染予防に努めています。

また、これからインプラント治療を始めるドクターや、より高度な治療に取り組みたいと考えるドクターのアドバイザーとしてインプラント勉強会や実習、セミナー、そして、症例相談や手術サポートなどインプラントセンターとしてのもうひとつの役割である「教育」にも力を注いでいます。

0037-6030-10218

お客様にご負担をかけない安心の通話無料!
携帯電話・PHSからでもお使いいただけます

医院案内

医院内
当院はケヤキコート3階です
医院内
高級感あふれる待合室
医院内
エアカーテン式クリーンルーム
当院ではインプラント治療を安全・確実に行うためにすべての症例においてCT撮影とコンピュータ・シミュレーションを行っています。

また、患者さんの負担を少しでも軽減できるように、一般的なインプラント治療の他、

・手術当日に歯を固定してすぐに噛めるようになる即日治療
・歯肉を切らないため術後の痛みや腫れが少ない無切開手術
・通常であれば骨移植などの骨の再生が必要な症例でも通常の手術で対応するグラフトレスコンセプト

など、治療期間や来院回数を減少させ、安全で、治療費も安価になる最新のインプラントシステムを推奨しています。

インプラント症例

歯科用CTスキャナーも完備しています。

症例

CTは、一般的なレントゲンでは正確に診断できない神経や血管の位置および骨幅、骨質などを正確に診断できます。特に不必要な骨移植・骨造成の回避や無切開手術(フラップレス)術式、オールオンフォー術式への適応判断など安全・確実なインプラント治療には不可欠です。

【骨量が不足している症例】
CTによる精密検査や最新のインプラント術式によって骨造成や骨移植をしないで治療が可能な場合もあります。

【”切らない” “腫れない” “痛みの少ない” 治療法】
CT撮影したデータをコンピュータで3次元的に診査・診断することで歯肉を大きく切ることなく治療が可能になります。

【歯をすべて失った方の画期的な 治療法】
4本から6本のインプラントで手術当日に完全固定する治療法で治療機関が短く経済的な最新の術式です。

歯科医院 概要

医院名 インプラントセンター21/三好デンタルクリニック(東京)
院長 三好 敬三
所在地 〒158-0094
東京都世田谷区玉川2-27-8 玉川高島屋S・C ケヤキコート3F
受付時間 【診療時間】
10:00-19:00 (完全予約制)
【休診日】
木曜日
お問い合わせ先 0037-6030-10218【通話無料】

無料メール相談・ご予約はこちらから